Blog

災害時の備えを考える

2018/01/18

こんにちは。曇りのち雨の金沢です。ここ数日比較的暖かいので、ずいぶん雪が融けてホッとしています。でも、圧縮された雪は硬くなって凍った状態になっているので、歩く時注意が必要ですね。気をつけましょうね。

昨日は、阪神淡路大地震からちょうど23年。23年ずっと心の中にしまいこんできた気持ちをやっと出せた女性の話や、今は神戸を離れて暮らしている方が震災にあった人に出会って話をしてやっと何か吹っ切れたような気がするという話を聞いたりして、実際に震災に遭われた方の心の傷はいかほどのものかと思い知らされました。大切な人やもの、当たり前の生活を突然奪われてしまう、それも自然が相手ではなすすべもなく。そこから様々な思いを抱いてきたのでしょうね。

そんな方々に何かなんておこがましいことは言えないので、せめて忘れずに万が一の時の備えをする、家族で話し合うなどしないといけませんね。我が家は災害時の集合場所は決めていましたが、さらに集合場所のどの場所になど詳しく決めておくことや、電話連絡が取れない時は比較的電話がつながりやすい遠方の親戚に安否の連絡をしておくなど、情報番組を見ていてもっともっと考えて話し合わなければいけないなと思いました。

お恥ずかしい話ですが、定期的に見直すのを忘れてしまいそうなのできちんと備えはしていないのですが、最低限の準備はしないといけないですね。絶対的ではないものですがお茶屋なので災害グッズに袋茶も入れておきます。

IMG_0224[1]